発達障がい

5.文章問題が解けない
発達障がい · 2023/02/07
算数のなかでも、特に文章題を不得意とする子どももいます。文章題の場合、文章を読んで、問題の意味を理解するところから始めなければなりませんが、ディスレクシアがあると、この段階でつまずいてしまいます。 また、問題の意味は理解できても、答えを導くためにどのような計算式を立てたらよいのかが、加減乗除の使い分けが的確に行えないために、わからないというケースもあります。

4.図形の理解が困難
発達障がい · 2023/02/06
図形の認知に困難を伴う子どももいます。図形を見て、同じ形のものを選んだり、同じ図形を書き写したりすることが難しい場合があります。特に、立体図形を読み取ることが難しく、見えない部分がどうなっているのかを想像することができない子もいます。

3.計算問題が苦手
発達障がい · 2023/02/05
LDのなかには、算数でつまずく子どももいます。小学校高学年になっても、簡単な足し算や引き算で指を使わなければならなかったり、計算の途中で足し算をしているのか引き算をしているのかわからなくなってしまったりします。繰り上がりや繰り下がりのある計算でミスをしやすく、暗算を苦手とする傾向があります。 筆算の方法などを一度覚えても、定着が悪く、しばらく時間がたっとやり方をすっかり忘れてしまっていることもあります。

2.文字を正しく書けない
発達障がい · 2023/02/04
ひらがなやカタカナの場合は、たとえば「わ」と「れ」の間違い、「シ」と「ツ」の間違いというように、形の似ている別の字を書いてしまうことがあります。 また、「へ」と「く」のように、90度回転させると同じ形に見える字を書き間違えることや、左右を裏返したような「鏡文字」を書く子もいます。 漢字になると、さらに困難になり、偏は正しいがつくりが違ったり、横棒や縦棒を1本多く書いたり、少なく書いたりといった誤りが生じやすくなります。また、手本を見ながら、文字を書き写すことはできるが、手本を隠してしまうと書けないというケースもあります。 文字を正しく覚えることはでき、それを発音することはできるが、思い出して書くことができない子もいれば、文字を認知する段階で、誤った形で覚えてしまい、思い出して書くときにそのまま書いてしまう子もいます。 表面的な特徴だけをとらえれば、同じように「文字が正しく書けない」状態といえますが、脳の機能を細かくみれば、つまずきの箇所はひとりひとり異なっていると考えられます。

1.音読が不得意
発達障がい · 2023/02/03
国語の授業で、教科書を音読するときなど、スラスラ読むことができず、一字一字たどりながら読んだり。音節で区切らずに、単語の途中で切って読んだりします。読み間違いも多く、「あ」と「お」、「め」と「ぬ」、「れ」と「わ」など、形の似た字を読み替えてしまったり、単語や行を飛ばして読んでしまったりすることがあります。 語尾なども、「……してしまいました」を「……しました」のように、適当に読み替えたりします。文字を目で追いながら、意味のあるまとまりにして理解し、それを音声に変換するというプロセスのどこかに、つまずいているためだと考えられます。

LDの特徴
発達障がい · 2023/02/02
LDは、大まかにいえば、「認知」にかかわる障害だといえます。その基盤となっているのは、脳のなかの文字を認知する過程における不具合があるディスレクシアです。しかし、LDのなかには、文字の認知だけでなく、数字や記号を覚えたり、数の概念を理解したり、図形や空間を認知したりすることにつまずく子どももいます。 また、LDと併せて、ADHDや発達性協調運動障害(手足などの別々の動作を協調させて行う運動がうまくできない障害)などの行動特性をもつ子もいます。 ADHDを併せ持つと、注意力のなさや落ち着きのなさもみられるようになりますし、発達性協調運動障害を併せ持つと、ひも結びやハサミの使い方がぎこちなくなったり、なわとびやボール投げなどの運動がうまくできないといった特性もみられるようになります。 ひも結びやハサミの使い方がぎこちなくなったり、なわとびやボール投げなどの運動がうまくできないといった特性もみられるようになります。

相談窓口の種類について(その3)
発達障がい · 2022/12/13
① 児童相談所 身体障害・知的障害・発達障害に関する相談だけでなく、しつけや性格なとについての育成相談や、一般的な健康管理に関する相談にも応じてくれます。 ➁保健所 地域住民の健康の保持と促進を行う機関で、障害児については保健相談や指導などを受けることかできます。 ③福祉事務所 主に福祉関係の手続きを行うところで、身体障害知的障害のある児童の福祉サーピスに関する相談に応じてくれます。 ④児童相談センター 児童相談所の役割を持つとともに、総合的な診断・治療・指導の機能も併せもちます。 緊急性のある相談については、休日・夜間でも対応が可能です。 ⑤保健センター 保健所の機能をより身近にした機関で、乳幼児の保健指導や健康診査を担当しています。 ⑥児童家庭相談窓口 すべての児童の健やかな育成を目的とした窓口で、保健センターや福祉事務所に設置されていることもあります。 ⑦発達障害者支援センター 発達障害児(者)とその家族に対して、専門的な相談に応じてくれます。

相談窓口の種類について(その2)
発達障がい · 2022/12/12
◎漠然とした不安でもまずは相談してみる 障害が疑われた場合に、健康や育成について幅広い相談ができるのが児童相談所や保健所です。 児童相談所は、障害のある児童だけでなく、18歳未満のすべての子どもを対象にしており、一般的な健康相談にも応じてくれます。 保健所は、障害の有無や年齢にかかわらず、地域住民の健康に関する相談や指導をする機関で、妊娠時からサポート体制が整っています。 これらには、さらに地域に密着した役割を務めるために、児童相談センターや保健センターが設けられています。 すべての児童の健やかな育成を目的とした児童家庭相談窓口でも、障 害児に関する相談をすることが可能 です。市区町村によっては、保健センターや福祉事務所の中に設置されている場合もあります。 また、発達障害については、発達障害者支援センターで専門的な相談をすることもできます。

相談窓口の種類について(その1)
発達障がい · 2022/12/11
障がいが疑われたらどこに相談したらいいでしょうか? 障害の種類や状態、相談したい内容によって、相談窓口はいくつかあります。 まだ疑いの段階であれば、児童相談所や保健所なとで育成相談や保健相談を受けてみるとよいです。 ◎日常生活で障害が疑われたら身近な相談窓口を利用する 健診で障害が疑われた場合、診断によっては診察した医師から専門医を紹介されます。 しかし、日常生活のなかで、うまくコミュニケションが取れなかったり、視線を合わせることができないなど、成長し始めるにつれて気がかりなことが現れる場合もあります。 そのようなときは、次回の健診を待たず、身近なところにある相談窓口を利用しましょう。 乳幼児期に現れる障害は、早期発見によって症状が軽減されるケースも少なくありません。

障がいのある子をサポートするサービスについて(その6)
発達障がい · 2022/12/10
◎18歳(高校などを卒業) ●卒業後の進路 ・一般就労 ・福祉的就労 ・生活介護 ・大学·専門学校などに進学 ◎20歳 ●障害基礎年金の申請 ・国民年金に加入(厚生年金に加入していない場合) ・医師の診断書などを添付して申請 ↓ 障害基礎年金の受給開始 その他のサービス(※20歳前から受けられる) ・障害者手帳によるサービスの利用(各種手当・助成などの支援サービスを受け、日常生活・社会生活に生じる制限を補います) ・障害者総合支援法による福祉サービスの利用(介護・就労支援などの支援サービスを受けて日常生活・社会生活の充実を図ります)

さらに表示する